ビーバーセンサー<赤外線マルチセンサー>
メールでまもーる<メール配信ユニット>
パワーなまず<防災マルチ電源>
ブラックなまず<インターネット型/緊急地震速報受信装置>
スーパーなまずグー<インターネット型/緊急地震速報受信装置>
ぶるっとS波<リアルタイム震度計>
デジタルもぐら3022・3311・3021EWS<電波型/緊急地震速報受信装置>
スーパーラビット<インターネット型/緊急地震速報受信装置>
スーパードラゴン<インターネット型/緊急地震速報受信装置>
JコーポレーションTOPページへ
タイガーコール<サイネージ・PCへの警報割込表示ユニット>

気象庁 緊急地震速報 訓練報について
気象庁は毎年、11月5日頃 「津波防災の日」 に緊急地震速報訓練報の配信を行っていますが、実施が確約され
ているものではないのでご注意下さい。
気象庁の訓練報では、日本中のどの地点であっても、概ね震度4以上になるように、緊急地震速報が配信されます。
例えば、ある場所では震度5強、ある地点では震度5弱、他の地点では震度4というように、BLACKなまずが設置さ
れている場所により震度が異なります。

訓練報を受信した時の、お客様の震度を予測することは困難なため、お客様のBLACK震度設定を
震度4以下
(震度1、2、3、4)に設定するようにしてください。
震度5弱以上の設定では、訓練報が受信できないことがあります。


気象庁訓練報を受信した場合の発報音声パターンはコチラを参照に。

注意点

※テスト配信により、接続されている各種機器が非常動作(又は非常停止)します。
※接続されているスピーカーから音が出ます。関係部署さまへの事前通知をお願いします。
※屋外スピーカーからも音声が出ます。近隣住民さまへのご配慮をお願いします。
※子機をご利用になっているお客様は、子機からも音声が出ますのでご確認をお願いします。

気象庁の訓練報の発報音声は、本体で設定されている発報音声パターン(A〜C)に従って、試験・訓練放送用の音声が放送
されますが、猶予時間及び予測震度はスーパーなまずが設置している場所により異なります。
予測震度に関しては、概ね 震度4〜震度5強 程度で配信されます。 

気象庁 訓練報
BLACKなまず 気象庁訓練報 音声パターン
緊急地震速報
気象庁 訓練報を利用して防災訓練・試験放送を行う

手順準備中

本体で設定されている発報音声パターンで放送されます。
※0秒後の音声は、本体で設定した音声内容が指定回数繰り返し放送されます。
※本体が設置されている場所により猶予時間、震度が異なります。
気象庁訓練報 発報音声 (本体の発報音声が詳細表現・NHKチャイム音に設定されている場合)
 猶予時間  音声内容
 30秒前  NHKチャイム音♪     配信テストです。   震度5弱   25秒後
 20秒前  配信テストです。   震度5弱  21秒後    配信テストです。   震度5弱  16秒後
 10秒前  配信テストです。   震度5弱  11秒後 9、8、7、6、5、4、3、2、1  (カウントダウン)
 0秒以降  強い揺れに警戒してください。   むやみに移動すると危険です。

 揺れが収まるまで、身を守ってください。   (音声の選択が可能、指定回数を繰り返し)
参考音声

手順準備中

接点出力の震度設定を確認する
BLACKなまずに接続されている放送設備や外部機器(エレベーターなど)への震度の確認を行います。

手順準備中

震度設定を変更する
気象庁の訓練報では、日本中のどの地点であっても、概ね震度4以上になるように、緊急地震速報が配信されます。
例えば、ある場所では震度5強、ある地点では震度5弱、他の地点では震度4というように、機器が設置されている
場所により震度が異なります。
訓練報を受信した時の、お客様の震度を予測することは困難なため、お客様のBLACKなまずの震度設定を
震度4以下震度1、2、3、4)に設定するようにして下さい。
震度5弱以上の設定では、訓練報が受信できないこともあります。
★訓練報が終了したら、震度設定を戻して下さい。

訓練報の受信設定 (訓練報を受ける・受けないの設定)
訓練報を「受ける・受けない」の設定を確認して下さい。
訓練報の受信を希望しないのに、設定が「受ける」になっている場合は、無条件に訓練報が受信され館内放送設備
などが起動されてしまいますの、十分にご注意下さい。