阪神・淡路大震災で倒壊による死者が出た住宅は1986年以前の建物が多く、耐震性が弱かったことも原因ですが、死者6,432人の
80%、約5,000人の方々が、家屋の倒壊、家具・家電製品の下敷きとなり、圧死・窒息死により死亡しました。
43,792人の負傷者のうち、約35,000人の方々が、同じく家屋の倒壊、家具などの転倒により負傷し、今なおその負傷による後遺症
に多くの方が、苦しまれております。

震災後、1996年、2000年、2006年と建築基準法は改正されましたが、家屋はもちろんのこと、家具・電化製品などによる負傷、死傷の
心配は大きな問題を残しています。

阪神・淡路大震災の教訓を無駄にしないためには、家屋、家具などが崩壊・転倒する前に安全確保する。
つまり、突然の地震を 「前もって知っていたら」、「地震が来るまでの猶予時間」により室内から外への避難(猶予時間が十分な時)、
室内での安全確保(猶予時間が少ない時)がとれるので、多くの方が圧死、窒息死から身を守れたことと思います。

もし、「デジタルなまず」「スーパードラゴン」で20秒前に地震が襲ってくるのが分かっていたら?
多くの方が家屋内での安全確保や、家屋から避難により家屋の倒壊による負傷、死傷からも免れたかもしれません。
阪神・淡路大震災で震度7を記録した地域は、 地盤が「やわらか」であったことが分かっています。
地盤が軟弱であるために地震の波がより増幅され大きな被害をもたらしました。
マグニチュードや震源からの距離が同じであっても、「地盤のやわらかな場所」では地盤の固い場所に比べて「揺れ」が強くなり、震度が大き
くなるので要注意!

「ゆれやすさマップ」を見れば、あなたのお住まいの場所の表層地盤の軟弱度が分かります。
もし「ゆれやすい」場所であれば、家具固定や耐震補強はもちろんのことですが、「地震が来る前に」危険回避及び避難することが、これから
地震対策だと思います。
阪神・淡路大震災では、家屋の倒壊だけでなく写真のように家具・家電製品などによる死傷者、負傷者の数も全体の80%を超えました。
もし「突然の地震を事前に知っていたら」 家具などによる負傷もなかったかもしれません。
震度6、震度7では、逃げようにも人は歩くことも出来ません。 
また、家具や家電製品が
飛んで負傷したと多くの声が被災者から寄せられました。
「マグニチュードと震度」 を見ていただくと、震度6、震度7の恐ろしさを感じていただけます。

また、多くの大地震では、ドアなどが地震により変形し開かなくなってしまいました。
これにより、建物から避難が出来ずに多くの方が命を落とされました。  阪神淡路大震災でもバールなどの器具がドアをこじ開けるの
に重宝されました。
これらの問題には、「デジタルなまず」や「スーパードラゴン」」と自動ドア開放装置システムを連動することにより、「地震が来る前に」
、自動ドアを開放し、安全な避難路の確保を行えます。
もし、20秒前に地震が襲ってくるのが分かっていたら?
下敷きにならないよう、家具・家電製品などから離れたり、建物の外へ避難することも出来ます。

緊急地震速報を受信してから巨大地震が来るまでの猶予時間、及び比較的大きな過去の地震おける猶予時間をご覧になって下
さい。「地震が来るまでの猶予時間」
阪神・淡路大震災 被害状況
阪神・淡路大震災 被害状況
Jコーポレーション
地震が来るのを、事前に知っていたら?
阪神・淡路大震災 家具の転倒
 地震を事前に知る 緊急地震速報とは 地震の発生確率 マグニチュードと震度
 「ゆれやすさ」マップ 東海・東南海・南海地震  津波  地震被害 

デジタルなまず 気象庁−緊急地震速報

阪神淡路大震災 地震対策としての緊急地震速報

「ゆれやすさマップ」 は、地震が来たとき、あなたのお住まいの場所が、どのぐらい「ゆれやすい」かが分かりますので、「ゆれやすい」
場所ではより地震への対策が必要になります。
5、000人以上の命が救えたかも
35、000人以上の人がケガをしなかったかも
阪神・淡路大震災 死亡原因
地震が来るのを、事前に知っていたら?
家屋、家具などの下敷きによる 圧死・窒息死・負傷
お問合せは 総合窓口 059-223-7774   mailでのお問合せ mail question
出来ることは沢山あるはずです!
一番大切なことは、
地震が来るのを、事前に知っていたら?
地震を事前に知る
いつ発生しても不思議でない、「東海」「東南海」「南海」地震の予想震度、津波発生場所、被害のほか、地震の発生確率を考えてみま
した。 
「東海〜南海地震」 「地震の発生確率」
家屋が倒壊する前に、安全確保が出来ました。

1995年1月17日(火) 午前5時46分  マグニチュード 7.3 最大震度 7

阪神・淡路大震災 被害
J コーポレーション
阪神・淡路大震災 死亡原因
命を守ること
家具が転倒する前に、安全確保が出来ました。
Close
阪神・淡路大震災 家具の転倒
地震を、たとえわずかでも、事前に知ることができたら
ただ、地震を恐れるのではなく、日本に住んでる限り、私たちは地震とともに暮らさなくてはなりません。
地震のことをもっと知ってください。

ぜひ、
Jコーポレーションお勧め本を読んで下さい。  「Jコーポレーションのお勧め本」
20秒前に地震が分かれば 何が出来ますか?
阪神・淡路大震災の教訓を無駄にしないで
阪神・淡路大震災 被害