平成19年10月1日 02時21分  震源の深さ 14km  マグニチュード4.9  最大震度 5強
画像はいずれも気象庁資料より
東京都中央区銀座に設置の「デジタルなまず」は、16秒前に震度2を警告、ピッタリ、揺れを感じました。
弊社の正規代理店である、株式会社WIZ‘M(ウィズム)様がご提供下さいました。
(株式会社WIZ‘M(ウィズム)様 ご連絡先:03−3567−0731)

コメント
今回のような真夜中の地震でも、「デジタルなまず」の外部出力により、地震が来る前に、自動で部屋の照明を
点灯することが出来きるので、少ない時間でも安全確保までの猶予時間を多くとることが出来ます。
横浜市に設置した「デジタルなまず」は、7秒前に震度3を警告し、ピッタリ、7秒後に揺れました。
銀座に設置した「でじたるなまず」  16秒前に震度2 を警報
横浜に設置した「でじたるなまず」  7秒前に震度3 を警報
Jコーポレーション 緊急地震速報 デジタルなまず
緊急地震速報

デジタルなまずの発報

神奈川県西部地震 平成19年10月1日 緊急地震速報 

神奈川県西部地震 「緊急地震速報」と「デジタルなまず」の発報
お問合せ窓口
緊急地震速報 デジタルなまず お問合せは、
J コーポレーション
高度利用者向け緊急地震速報の猶予時間 (デジタルなまず)
「デジタルなまず」 発報履歴
一般向け緊急時新速報(テレビ・ラジオ・携帯など)
この神奈川県西部地震では、2007年10月からの一般向け緊急地震速報の配信が開始される直前の夜の地震
でした。
この地震でも、茨城県沖(2008年5月)の地震と同じで、テレビ・ラジオで放送されたとしたら、多分揺れが来た後
に放送されたと思われます。  ただ、これは気象庁・報道機関などのミスではなく、一般向け緊急地震速報の
報道基準によるものです。